Stephanopyxis palmeriana

和名 Stephanopyxis palmeriana
学名 Stephanopyxis palmeriana ((Graville) Grunow,1884)
分類(和名) オクロ植物門 > Khakista亜門 > 珪藻綱 > Coscinodiscophycidae亜綱 > Coscinodiscanae上目 > Melosirales目 > Stephanopyxidaceae科 > ステファノピキシス属
分類(学名) Ochrophyta (Phylum) > Khakista (Subphylum) > Bacillariophyceae (Class) > Coscinodiscophycidae (Subclass) > Coscinodiscanae (Superorder) > Melosirales (Order) > Stephanopyxidaceae (Family) > Stephanopyxis (Genus) > Stephanopyxis palmeriana (Species)
体長
生息水深
生息環境
標本番号
説明

細胞は円筒形、殻頂縁に1輪ある連結突起でつながって直鎖状群隊を形成する。直径20-70 μm。葉緑体は黄褐色、盤状、多数。殻頂面はほぼ平坦で殻套部とほぼ直角だが連結部は丸みを帯びる。殻は直線上に配列した六角形の偽小室(pseudolpculi)で覆われ、その大きさは殻頂面で大きく(1.5-2.5個/10μm)、殻套部で小さい(5-7個/10μm)。殻頂縁には1輪の連結突起が存在し、その基部には唇状突起がある。殻套縁にも1輪の唇状突起があり、蓋殻全体にも唇状突起が散在する。帯片は多数で開放型、多数の小孔がある。強固な殻で覆われた休眠胞子の形成が知られる。熱帯~温帯域に広く分布する。特に暖水期に多い。

参考文献 高野秀昭(1990)珪藻綱. In日本の赤潮生物(副代康夫・高野秀昭・千原光雄・松岡數充 編).内田鶴閣圃,東京. pp.162-331.Hasle, G.R. Syvertsen, E.E. (1996) Marine Diatoms. In: Identifying Marine Phytoplankton. (Tomas, C.R. Eds), pp. 5-386. San Diego: Academic Press.

採集年月日 2010年5月11日
採集場所 下田沖
採集時の環境
採集方法
採集者氏名・団体名 筑波大学 2010 Shimoda Plankton Team
備考
  • 生群体(帯面)
  •