Lioloma pacificum

和名 Lioloma pacificum
学名 Lioloma pacificum ((Cupp) Hasle,1996)
分類(和名) オクロ植物門 > Khakista亜門 > 珪藻綱 > Fragilariophycidae亜綱 > Fragilariophycanae上目 > Thalassionematales目 > Thalassionemataceae科 > Lioloma属
分類(学名) Ochrophyta (Phylum) > Khakista (Subphylum) > Bacillariophyceae (Class) > Fragilariophycidae (Subclass) > Fragilariophycanae (Superorder) > Thalassionematales (Order) > Thalassionemataceae (Family) > Lioloma (Genus) > Lioloma pacificum (Species)
体長
生息水深
生息環境
標本番号
説明

単体性または数細胞が蓋殻面末端でつながって放射状の群体を形成する。細胞は極めて細長い線形で多少ねじれ、大きさ500-1000 X 1.5-7 μm。葉緑体は黄褐色、盤状、多数。蓋殻の一端(群体の場合は基部側)はやや幅広く、反対側の末端には2本の小さな刺がある。蓋殻両端には唇状突起がある。中軸域は幅広く、各条線は短く2-3小室からなる。条線密度は14-19本/10μmある。熱帯~温帯域に分布する。

参考文献 Hasle, G.R. & Syvertsen, E.E. (1996) Marine Diatoms. In: Identifying Marine Phytoplankton. (Tomas, C.R. Eds), pp. 5-386. San Diego: Academic Press.

採集年月日 2010年5月17日
採集場所 下田沖
採集時の環境
採集方法
採集者氏名・団体名 筑波大学 2010 Shimoda Plankton Team
備考
  • 生細胞, Scale bars = 100 μm.
  • 採集年月日 2010年5月15日
    採集場所 下田港
    採集時の環境
    採集方法
    採集者氏名・団体名 筑波大学 2010 Shimoda Plankton Team
    備考
  • 2a, bは同一細胞の両端, Scale bars = 50 μm.
  •