Detonula pumila

和名 Detonula pumila
学名 Detonula pumila ((Castracane) Gran,1900)
分類(和名) オクロ植物門 > Khakista亜門 > 珪藻綱 > Coscinodiscophycidae亜綱 > Thalassiosiranae上目 > Thalassiosirales目 > Skeletonemaceae科 > デトニューラ属
分類(学名) Ochrophyta (Phylum) > Khakista (Subphylum) > Bacillariophyceae (Class) > Coscinodiscophycidae (Subclass) > Thalassiosiranae (Superorder) > Thalassiosirales (Order) > Skeletonemaceae (Family) > Detonula (Genus) > Detonula pumila (Species)
体長
生息水深
生息環境
標本番号
説明

細胞は短円筒形、殻面でつながって鎖状群体を形成する。直径17-46 μm。蓋殻縁に1輪の有基突起があり(6-8個/10 μm)、その突出部で隣接細胞と結合している(図1a)。有基突起突出部は隣接細胞のものと互い違い。蓋殻縁には唇状突起輪もあり、同属他種に比べて小さい。やや凹んだ蓋殻中央にも有基突起が存在し、そこから生じる粘液糸によっても隣接細胞とつながっている(図1b)。帯片は明瞭。葉緑体は黄褐色、盤状、多数。暖海域を中心に世界中に分布する。

参考文献 Hasle, G.R. Syvertsen, E.E. (1996) Marine Diatoms. In: Identifying Marine Phytoplankton. (Tomas, C.R. Eds), pp. 5-386. San Diego: Academic Press.

採集年月日 2010年5月14日
採集場所 下田沖
採集時の環境
採集方法
採集者氏名・団体名 筑波大学 2010 Shimoda Plankton Team
備考
  • 生群体(帯面) 1a, 1bは同一群体の焦点を変えたもの Scale bar = 20 μm
  •