筑波大学下田臨海実験センター稲葉研究室

筑波大学下田臨海実験センター稲葉研究室のホームページへようこそ。
稲葉研究室では、多様な海産生物を研究材料として、精子運動のメカニズム、鞭毛・繊毛の構造と機能、進化を中心とした研究を進めています。詳しくは研究紹介のページをご覧下さい。
研究室のイベントや最新情報についてはブログをご覧下さい。

NEWSnews

2017年4月4日
メンバーを更新しました。

TOPICStopics

大学院生募集中!


私たちの研究室は、大学院生を募集しています。研究室は静岡県下田市の筑波大学下田臨海実験センター内にあり、筑波大学大学院生命環境科学研究科情報生物科学専攻に所属します。大学院研究を自然いっぱいの下田で行ってみませんか?ホームページの研究内容を見て興味をもった方、海産生物に興味がある方、海の近くで研究生活を送ってみたい方などなど大歓迎です。ホヤが主な研究材料ですが、ウニ、巻き貝、クシクラゲ、各種魚類などいろいろな海産生物を材料に精子や鞭毛・繊毛の研究も行なっています。研究内容や下田での生活など、お気軽にご相談ください。

研究室所属メンバーのこれまでの研究テーマ ・卒業生の進路

連絡先:kinaba@@@kurofune.shimoda.tsukuba.ac.jp (@マークを1つにして送信してください)


筑波大学下田臨海実験センター
稲葉研究室

〒415-0025
静岡県下田市5-10-1

TEL 0558-22-1317